なぜか青い世界-Blue


イルカのような天使のような、Dolgela(ドルジェラ)誕生ストーリー

ヒーリングアート/Dolgela(ドルジェラ)/戸田秀昭

ドルジェラ

ドルジェラの誕生ストーリー

イルカのような天使のような生き物、ドルジェラ。
2008年1月、龍のイメージングをしていたころ、
瞑想時に現れたかわいい小さな生き物のかたち。
考えたというより、突然ピョンとあらわれた感じです。
ハートの形は当初からイメージしてました。

2008年は龍に没頭していて
なにかと龍に結びつけようとして、
命名を「ドルジェラゴン」としていました。

名前の最後のゴンは「ドラゴン」のゴン。
しかし龍を調べて行くと、
西洋の「ドラゴン」と東洋の「龍」とは別物の意味合いがありました。
どちらかというと「ドラゴン」は退治する対象で
「龍」は聖獣となります。
龍の絵をよく描いていたころに出て来たのですが
この絵自体には龍のイメージが少ないと思い、
その後ドルジェラとネーミングを変更してます。

ドルジェラとはイルカ+天使、
イルカ=ドルフィン(dolphin)と
天使=エンジェル(angel)
エンジェルはアンジェラの読みもありますので
そのジェラを使って
ドル+ジェラ=ドルジェラと造語しました。


ピンクのカラーリングと背景の球体は
別の瞑想体験からの融合。
4年ほど前のアセンション瞑想で
ハートチャクラを意識した時、
ソフトにかつ感極まる感覚がピンクの色で 広がったことと、

同じ頃に遠隔ヒーリングを受けたのですが、
反離脱ぎみの身体を包んむように現れた
球体の連続するイメージ
そんないろいろなことの融合。

ピンク色はハートチャクラの色と言われます。
グリーンもハートの色
癒しのリラックスする色。

ある意味、強烈な体験でしたので、
(色はスーパーソフトなピンク)
絵を、ヴィジュアルを 仕事とする私にとって
何かの形で表現したくなりました。

それをオールピンクの万華鏡で表現したこともありました。

ということで、いろいろな瞑想体験と
インスピレーションが融合されて
ドルジェラが誕生しました。

ドルジェラに惹かれる人たち

ドルジェラの絵を金沢の香林坊(こうりんぼう/地名)にある
「まるかんのお店・ムーンライトスワイショー」さんに
しばらく飾ってもらったところ、
このドルジェラにひかれる人たちに
共通したことがあるそうです。
それは


幸せな人たちだそうです。
(例えば恋愛、etc...?)
もちろん、今幸せな人はより幸せに
そうでない人は今ここから幸せにと
願っています。




そして、
アトリエでの展示中に
カワイイ声がでました。
小さな子どもたちでした。
見るなり速攻で
「あっハートだっ!」


2009年になって
「ムーンライトスワイショウ」に飾ってもらっていた
ドルジェラの絵が売れました。
小松の「ヒーリングスペース・パンゲア」でも
ドルジェラの絵が売れました。
ほんとうに嬉しいです。
幸せを祈っています。
感謝してます。

Dolgela(ドルジェラ)/戸田秀昭
Dolgela(ドルジェラ)
なぜか青い世界-Blue

copyright (C) 2013 Blue All the Lights Love.